ジャカルタでKU–UIN Joint Seminar “Wisdom of Coexistence in the Islamic Thought: Graduate Seminar on Sufism”を開催しました

【日時】2020年2月17日(月)10:00−17:30

【場所】Theater, Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah, Jakarta

【プログラム】

Keynote Speech 1: TONAGA Yasushi (Kyoto University) “Wisdom of Coexistence according to Sufism”

Keynote Speech 2: Oman FATHURAHMAN (Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah) “Female Indonesian Sufis: Shattariyah Murids in the 18th and 19th Centuries in Java”

TANAHASHI Yukari (Kyoto University) “The Theological Thought of Muḥammad ibn Sulaymān al-Jazūlī”

Arif ZAMHARI (Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah)

Bambang IRAWAN (Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah)

Yoyo HAMBALI (Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah)

MATSUDA Kazunori (Kyoto University) “Sana’ullah Amritsari and His Urdu Proses”

M. NIDA (Universitas Islam Negeri Syarif Hidayatullah)

【共催】Kenan Rifai Center for Sufi Studies (KR), Center for Islamic Area Studies (KIAS), Graduate School of Asian African Area Studies (ASAFAS), and Jakarta Liaison Office of Center for Southeast Asian Atudies, Graduate School of UIN

KIAS-KR Workshop: Middle Eastern and Islamic Studies in the East and the Westを開催しました

【Day and time】October 28 (Mon), 2019, 17:00-18:00

【Venue】Kyoto University, Main Campus, Research Building No. 2, 4th Floor, Lecture Room (AA401)

【Speakers and Titles】
TONAGA Yasushi (Kyoto University) “Middle Eastern and Islamic Studies in Japan”

Ondrej BERANEK (Czech Academy of Sciences) “Middle Eastern Studies in the Czech Republic”

Language: English

2017年5月20-21日 第一回国際シンポジウムを開催しました

京都大学稲盛財団記念館3階大会議室にて、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター第一回国際シンポジウム “Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia: Rethinking Methodologies”を開催しました。

国内外(トルコ、アメリカ、中国、日本)から様々な地域と専門分野を研究対象とする第一線の研究者35名をスピーカーとしてお招きし、イスラーム研究及びスーフィズム研究に関する発表、国内の若手研究者も交えての有意義な議論が行われました。

2日間にわたり約120名が参加し、トルコ共和国大使館からもアフメト・ビュレント・メリチ閣下にお越しいただきました。シンポジウムの内容はYou Tubeを通して生中継され、世界に向けて最先端のスーフィズム・聖者・タリーカ研究を示すことができました。

また、日本のスーフィズム・聖者・タリーカ研究に関する書籍、日本語訳のクルアーン、日本-トルコ関係資料の展示も行われ、多くの参加者の興味を引きました。

 

 

2016年10月24-25日 センター設立記念シンポジウムが開催

イスタンブル・ウスキュダル大学にて、センター設立記念シンポジウムが開催されました。これは、翌年まで続くスーフィズム教育プロジェクト「二つの東をつなぐ橋(The Bridge of Two Easts: Education Program for Sufi Culture)の皮切りとして行われたものです。日本側からは、東長靖センター長、赤堀雅幸上智大学教授、丸山大介防衛大学校准教授が発表を行いました。

http://tasavvuf.uskudar.edu.tr/en/project/67/the-bridge-of-two-easts-sufi-culture-education-program-project

https://www.youtube.com/watch?v=OK9gn3NAv6U

トルコの新聞でもこのシンポジウムは紹介されました

https://www.dailysabah.com/life/2016/10/25/turkey-japan-to-join-hands-for-sufism-project-1477334042