2018年12月11日 Shahzad Bashir先生講演会を開催しました

本センターは、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム国家の王権と正統性」(研究代表:近藤信彰東京外国語大学教授)によって招聘されているShahzad Bashir先生(アメリカ・ブラウン大学)をお迎えし、下記の通り講演会を開催いたしました。

・ 日時:2018年12月11日(火)16時~18時

・ 発表者:Shahzad Bashir (ブラウン大学)

・ タイトル:“Journeys among the Living Dead of Tabriz: A Sufi Shrine Guide from the Sixteenth Century”

・ 場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第一講義室(AA401)

なお、本講演会は科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム国家の王権と正統性」、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター(KR)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点(MEIS)、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、上智大学イスラーム研究センター(SIAS)、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、科学研究費補助金・基盤研究(B)「地中海周辺地域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」の共催により開催されました。

2018年12月6日 Nile Green先生講演会を開催しました

京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターは、著書Sufism: A Global Historyで高名なNile Green先生をアメリカ・カルフォルニア大学ロサンゼルス校よりお迎えし、下記のとおり講演会を開催いたしました。

・ 日時:2018年12月6日(木)15時~17時

・ 発表者:Nile Green (カルフォルニア大学ロサンゼルス校)

・ タイトル:“From Sufi Establishment to Salafi Reform: Reflections on Writing a History of Sufism”

・ 場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第一講義室(AA401)

・発表要旨:Over the past century, the humanistic appeal of the mystical poetry and theosophical teachings of the Sufis has won them many admirers outside the dar al-islam. Yet in the same period, Sufi Islam has increasingly been rejected by Salafis and other Muslim reformists. These developments are easier to understand when we take a historical approach that takes account of the social, political and ethnographic dimensions of Sufi Islam, including the rise of Sufis to the position of a ‘religious establishment.’ Ranging from India to the Middle East, this illustrated lecture outlines basic conceptual principles that help us to understand the socio-political functions of the Sufis that contributed to their ascendancy no less than their loss of power.

なお、本講演会は京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター(KR)、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、上智大学イスラーム研究センター(SIAS)、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、科学研究費補助金・基盤研究(B)「地中海周辺地域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」の共催により開催されました。

2018年12月1日~2日 中国イスラム国際シンポジウムを開催しました

Kenan Rifai Center for Sufi Studies, Kyoto University cohosted the International Workshop on Chinese Muslims entitled “Redrawing and Straddling Borders: Chinese Muslims in Trans-national Fields and Multi-linguistic Literatures.”

This workshop was held under the joint auspices of Institute for Research in Humanities, Kyoto University, and Faculty of Global and Regional Studies, Doshisha University, and scheduled as follows.

【Date and Venue】

Date: 1-2 December 2018

Venue: Institute for Research in Humanities Main Building 人文科学研究所本館 (4F Conference Room), Research Bldg. No. 4, Kyoto University

【Language】 English

【Coordinators】 WANG-KANDA Liulan, Faculty of Global and Regional Studies, Doshisha University NAKANISHI Tatsuya, Institute for Resarch in Humanities, Kyoto University

【Program】

<December 1st> Redrawing Boundaries between “Us” and “Others” Responding to Historical Backgrounds

10:30 -11:00 Registration and Coffee

11:00-11:30 Opening NAKANISHI Tatsuya (Kyoto University) and WANG-KANDA Liulan (Doshisha University) Self-Introduction of Participants [Chinese Muslims’ Identity-Shift Responding to Historical Backgrounds]

11:30-12:30 NAKANISHI Tatsuya (Kyoto University) Family, Umma, and Nation: Multilayered and Dynamic Identities of Chinese Muslims

Lunch12:30-14:00

14:00-15:00 ZHAO Yuanhao 趙元昊 (Institute of Ethnic Literature, Chinese Academy of Social Sciences) Boundaries of Hui: About Wartime Ethnic “Identity” [Religious Boundaries for Chinese Muslims]

15:10-16:10 Aaron GLASSERMAN (Columbia University) Way of Heaven, Way of Man: Boundaries of the Shari’a in Qing and Republican China

16:20-17:20 Suchart SETTHAMALINEE (Payap University) Different Religious Practices and “Others” in Northern Thailand

18:30- Welcome Dinner

<December 2nd>

Straddling Spatial, Cultural, or Ethnic Boundaries

8:30-9:00 Registration and Coffee

[Chinese Muslims’ Bridging a gap between Chinese and Other Cultures]

9:00-10:00 Dror WEIL (Max Planck Institute for the History of Science) Transcending Linguistic Boundaries in Late Imperial China – The Case of Mirṣād al-‘ibād

10:10-11:10 Diana WONG (Universiti Sains Malaysia) Overseas Hui Entrepreneurs and the Globalisation of Qingzhen Ethnic Food: A Case Study of Malaysia

[Chinese Muslims and Other Chinese Minorities]

11:20-12:20 Marie-Paule HILLE (École des hautes études en sciences sociales) Legacy, Sociability, Moving Borders: an Ethnography of Trade Relationship between Chinese Muslims and Tibetans in Amdo

12:20-13:50 Lunch

13:50-14:50 WANG Jianxin 王建新 (Lanzhou University) Similarities and Differences between the Hui and the Uyghur: An Approach toward the Multiculturalism of Muslim Minorities in China

[Chinese Muslim Diaspora]

15:00-16:00 WANG-KANDA Liulan (Doshisha University) Border-crossing, Belonging and Family networks among Chinese Muslim Diaspora in Northern Thailand

16:10-17:10 MA Hailong 馬海龍 (Qinghai Nationalities University) At Home in Diaspora: the Chinese Hui Migrants in Malaysia

17:20-17:50 Concluding Discussion

*This workshop was  financially supported by The Kyoto University Foundation 公益財団法人 京都大学教育研究振興財団 Hashimoto Jun Memorial Foundation 一般財団法人 橋本循記念会 Joint Usage/Research Program of Center for Information Resources of Area Studies (CIRAS), Kyoto University 京都大学東南アジア地域研究研究所30年度共同利用・共同研究拠点プロジェクト Joint Usage/Research Program of Institute for Research in Humanities, Kyoto University 京都大学人文科学研究所平成30年度共同利用・共同研究拠点プロジェクト and officially supported by Kenan Rifai Center for Sufi Studies, Kyoto University 京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター Center for Islamic Area Studies, Kyoto University (KIAS) 京都大学イスラーム地域研究センター

 

2018年7月18日~20日 KRメンバーがWOCMES-5にて研究発表を行いました

2018年7月16日~20日、スペイン・セヴィリアにて第5回中東研究世界大会(Fifth World Congress for Middle Eastern Studies: WOCMES-5)が行われ、18日~20日にKRセンター上級研究員が研究発表を行い、国際発信をしました。

7月18日

PA-135. Rethinking the Relationship between Batin and Zahir: From the Perspective of Sufism and Fiqh. Organised by MARUYAMA Daisuke, National Defense Academy of Japan

発表者 タイトル
丸山 大介 The Connotation of Batin and Zahir in the Context of Sufism: A Case Study of Contemporary Sudan
井上 貴恵 The Understanding of Zahir in Iranian Sufism

PA-174. Reframing the Past: Gender Questions and Islamic Traditions in the Modern Era. Organized by GOTO Emi, the University of Tokyo

発表者 タイトル
高橋 圭 Between Norm and Practice: Neo-Traditionalist Discourses on Gender in the United States
澤井 真 The Disappearance between Man and Woman: The Sufi View on Human Existence
澤井 真

PA-187.Religious Practices Using Commodities in Consumer Societies. Organized by FUTATSUYAMA Tatsuro, St. Agnes’ University

発表者 タイトル
二ツ山達朗 Qur’anic Commodities in Ordinary Muslims’ Space: Focusing on Interior Ornaments and Calenders in Tunisia’
小牧 幸代 The Cult of Islamic Relics and the Religious Goods in Contemporary India
二ツ山 達朗 小牧 幸代

7月19日

PA-241. Visits to Saintly Places in the Age of Globalization. Organized by AKAHORI Masayuki, Sophia University

発表者 タイトル
東長 靖 Theoretical Basis for the Visit to the Saints’ Places in the Islamic Thought
安田 慎 Remembrance at Holy Places: Religious Capital and Shi’ite Religious Places in Syria in the Era of Crisis
東長 靖 安田 慎

7月20日

PA-339. A Reconsideration of Public Spheres from a Grass-root Perspective– Historical and Contemporary Approaches. Organized by IWASAKI Erina, Sophia University

発表者 タイトル
私市 正年 The Zawiya as an Ahylum in Medieval Magherb – A Reconsideration of the Public Sphere within an Islamic
私市 正年

 

2018年7月16日~24日 スペインで現地調査を行いました

スペインにて、サンティアゴ・デ・コンポステーラを中心に、共同調査を行いました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラでは、イスラームの聖者信仰ならびに巡礼・参詣活動とキリスト教の事例の比較のため、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂と旧市街で調査を行いました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂

聖ヤコブの遺骸が安置されており、多くの巡礼者が訪れる。
大聖堂には、ボタフメイロと呼ばれる大香炉もあり、名物となっている。

サンティアゴ・デ・コンポステーラのアパレルショップ

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼では、その象徴として、ホタテ貝が重要視されている。巡礼者は杖にホタテ貝の貝殻をぶら下げ、また、大聖堂には至る所にホタテ貝の柄があしらわれている。
このアパレルショップではホタテ貝や巡礼者をモチーフとしたTシャツやアクセサリーなどが揃えられている。

聖ヤコブ祭の人形踊り

年に一度の聖ヤコブ祭は、巡礼者も通例より多く訪れ、街全体の規模で祝われる。
そこでは、大聖堂の周囲で現地ガリシア社会の伝統衣装での踊りや音楽などの催しが行われるとともに、山車なども街を巡回し、イスラーム世界における預言者生誕祭に類するような情景が見られる。

2018年5月15日 2018年度第2回KRセミナーを開催しました

京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターは、
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」(研究代表者:東長靖(京都大学))と共催で、2018年度第2回KRセミナーを下記の通り開催しました。

【日時】:2018年5月15日(火)
【場所】:京都大学 総合研究2号館4階第一講義室(AA401)
【言語】:英語
【発表者・タイトル】:Prof.Sajjad Rizvi(University of Exeter)
“The Mysticism Debate in Modern Iran: Sufism, Irfan and the Shii Seminary”

2018年4月15日 2018年度第1回KRセミナーを開催しました

京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターは、
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」(研究代表者:東長靖(京都大学))、科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」(研究代表者:赤堀雅幸(上智大学))と共催で、2018年度第1回KRセミナーを下記の通り開催しました。
【日時】:2018年4月15日(日)14:00-18:00
【場所】:京都大学 総合研究2号館4階第一講義室(AA401)
【言語】:英語
【発表者・タイトル】:

Prof. Ahmed Zildzic (Sarajevo University)
“Ottoman Historiography in Persian with a Focus on Bahjatu-t-tevarih by Shukrullah”

Prof. Roberto Tottoli (Universita degli Studi di Napoli L’Orientale, Visiting Fellow, Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo)
“Europe and Islam: The Arabic Text of Qur’an in History and Polemics in the 16th and 17th Century”

 

 

2018年4月1日 センターは15号館101研究室に移転しました

2018年4月、ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターは総合研究15号館101研究室に移転しました。

スーフィズムやイスラーム、オスマン帝国に関連する書籍、アキール文庫等を取り揃えております。

2018年2月24日 KIAS-IMS Seventh Joint Seminar “Exploring Culture and Politics in the Mediterranean World”を開催しました

イスラーム地域研究センター(KIAS)と釜山外国語大学地中海研究所(IMS)は、アジア・アフリカ地域研究研究科及びケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターとの共催により、第7回ジョイントセミナーKIAS-IMS Seventh Joint Seminar “Exploring Culture and Politics in the Mediterranean World”を開催しました。

【日時】2018年2月24日(土)14:30-18:15
【場所】京都大学吉田キャンパス総合2号館4階会議室(AA447)
【使用言語】英語

【プログラム】
Opening Session (14:30-14:50)
Chair: FUTATSUYAMA Tatsuro (Visiting Associate Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

TONAGA Yasushi (Director, Center for Islamic Area Studies, Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)
“Welcome Speech”

Yong Soo YOON (Director, Institute for Mediterranean Studies)
“Greeting Speech”

Session 1 (14:50-16:20)
Chair: Byoung Joo HAH (Professor, Institute for Mediterranean Studies, Busan University of Foreign Studies)

Idiris DANISMAZ (Assistant Professor, Organization for Advanced Research and Education, Doshisha University)
“The Notion of Conscience in Islam: Focusing on ‘Vicdan’ in Hak Dini Kur’an Dili by Elmalili Muhammed Hamdi Yazir (d. 1942)”

YAMAMOTO Naoki (Ph.D. Candidate, Graduate School of Asian and Area Studies)
“Sharia/Haqiqa Dichotomy among Sufis and Kadizadelis during Ottoman Period”

Yong Soo YOON (Director, Institute for Mediterranean Studies) & Jung Ha KIM (Professor, Institute for Mediterranean Studies, Busan University of Foreign Studies)
“Types of Cultural Exchange in the Mediterraneanistic Multiculturalism”

Session 2 (16:30-18:00)
Chair: Choonsik CHOI (Professor, Institute for Mediterranean Studies, Busan University of Foreign Studies)

Ji Hun KANG (Research Professor, Institute for Mediterranean Studies, Busan University of Foreign Studies)
“A Study on Information Technology Utilization for Education of Overseas Area Culture”

OKABE Yuki (Graduate Student, Graduate School of Asian and Area Studies)
“Reconsidering Power Sharing Regimes and Civil Wars in Lebanon and Syria”

Sang Ho MOON (Professor, Dept. of Computer Engineering, Busan University of Foreign Studies) & Dong Yeol LEE (Research Professor, Institute for Mediterranean Studies, Busan University of Foreign Studies)
“GIS based Israeli-Palestinian Conflict Analysis”

Closing Session (18:00-18:15)
Chair: TONAGA Yasushi (Director, Center for Islamic Area Studies, Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

KOSUGI Yasushi (Director, Hadhari Center for Islamic Civilizational Studies, Kyoto University; Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)
“Closing Remarks”

【主催者】
京都大学イスラーム地域研究センター (KIAS)
京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)
京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター
釜山外国語大学地中海研究所(IMS)

2018年1月21-22日 SIAS/KIAS-CNRS Joint Seminarを開催しました

京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターは、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、上智大学イスラーム研究センター(SIAS)と共催でSIAS/KIAS-CNRS Joint Seminar 2018 “Holy Relics and Religious Commodities in Islam + Other Related Subjects Including Graduate Student Presentations”を下記の通り開催しました。

【日時】2018年1月21-22日
【場所】東洋大学 熱海研修センター

【プログラム】
January 21: 13:00-18:00
(13:00-13:15) Opening Remarks: TONAGA Yasushi (KIAS, Kyoto University)

Part 1: Holy Relics and Religious Commodities in Islam + Related Subjects

(13:15-13:50) Pierre-Jean LUIZARD (EPHE-CNRS GSRL)
“Damascus and Cairo: Two Heads of Hussein for Two Kinds of Worship”

(13:50-14:15) KONDO Fumiya (Ph.D. student, SGPAS, Sophia University)
“Mawlid Dolls of Egypt in Terms of “Religious Commodities”: A Preliminary Study”

(14:15-14:50) Thierry ZARCONE (EPHE-CNRS GSRL)
“Qadamgah and Mausoleums Associated with Relics of Imam Ali ibn Abu Talib in the Indo-Turko-Persian Area”

(15:00-15:35) NINOMIYA Ayako (Aoyama Gakuin University)
“Qadam-i Sharif, Mecca and Delhi: Story of a Sufi and Footprints of the Prophet Muhammad in Medieval India”

(15:35-16:10) Alexandre PAPAS (CNRS-CETOBAC)
“Kashkul: Practical Uses and Doctrinal Meanings of a Sufi Relic”

(16:10-16:45) TAKAHASHI Kei (JSPS Research Fellow-RPD)
“Sufism without Tariqa: The Emergence of Muslim Third Places in the Contemporary American Muslim Community”

Part 2: Graduate Student Presentations 1

(17:00-17:30) ISHIKAWA Kido (Ph.D. student, ASAFAS, Kyoto University)
“The Mode of Expression of the Love in the Works of Baba Tahir”

(17:30-18:00) SUENO Takanori (Ph.D. student, ASAFAS, Kyoto University)
“Ibrahim Niyas’s on Sufism: From a Perspective as a Shari‘a Oriented Sufi”

January 22: 9:00-12:00
Part 3: Graduate Student Presentations 2

(9:00-9:30) YAMAZAKI Satoru (Ph.D. student, ASAFAS, Kyoto University)
“Syrian Civil War, Sectarianism, and the Turkish Arab `Alawis’ Struggle for Recognition”

(9:30-10:00) Kamnoush KHOSROVANI (Ph.D. student, EPHE-CNRS GSRL)
“On the Path of an Exuberant Sufi Practice: An Anthropological Study of the Contemporary Female Qaderi Groups in Tehran”

Part 4: Holy Relics and Religious Commodities in Islam + Related Subjects 2

(10:10-10:45) FUTATSUYAMA Tatsuro (Research Associate of the NIHU/KIAS, Kyoto University)
“Qur’anic Interior Ornaments in Ordinary Muslims’ Space: From the Case of South Tunisia”

(10:45-11:20) YASUDA Shin (Teikyo University)
“Commodifying Religious Experiences: Islamic Tour Operators and Religious Markets in Indonesia”

(11:20-11:50) General Comments: Pierre-Jean LUIZARD, Alexandre PAPAS, and Thierry ZARCONE

(11:50-12:00) Closing Remarks: AKAHORI Masayuki (SIAS, Sophia University)

Organizers:
Thierry ZARCONE, TONAGA Yasushi, MISAWA Nobuo (Faculty of Social Sciences, Toyo University), AKAHORI Masayuki

【主催】

高等研究実習院フランス国立科学研究センターGroupe Societes, Religions, Laicites
京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)
上智大学イスラーム研究センター(SIAS)

NIHU 地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点
京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター
科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」
科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」
上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」

 

略称:
NIHU=National Institute of Humanities
ASAFAS=Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University
SGPAS=Sophia Graduate Program for Area Studies, Graduate School of Global Studies, Sophia University