2017年6月29日 研究文献目録のレビューが掲載されました

Ali Vural Ak Center for Global Islamic Studies at George Mason Universityのホームページに『日本におけるスーフィズム・タリーカ・聖者信仰研究文献目録』のレビュー及びセンターの活動についての記事が掲載されました。

https://www.themaydan.com/2017/06/bridge-two-easts-sufi-culture/

2017年5月20-21日 第一回国際シンポジウムを開催しました

京都大学稲盛財団記念館3階大会議室にて、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター第一回国際シンポジウム “Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia: Rethinking Methodologies”を開催しました。

国内外(トルコ、アメリカ、中国、日本)から様々な地域と専門分野を研究対象とする第一線の研究者35名をスピーカーとしてお招きし、イスラーム研究及びスーフィズム研究に関する発表、国内の若手研究者も交えての有意義な議論が行われました。

2日間にわたり約120名が参加し、トルコ共和国大使館からもアフメト・ビュレント・メリチ閣下にお越しいただきました。シンポジウムの内容はYou Tubeを通して生中継され、世界に向けて最先端のスーフィズム・聖者・タリーカ研究を示すことができました。

また、日本のスーフィズム・聖者・タリーカ研究に関する書籍、日本語訳のクルアーン、日本-トルコ関係資料の展示も行われ、多くの参加者の興味を引きました。

 

2017年5月20-21日 京都スーフィズム・シンポジウム開催

2017年5月20-21日に、京都大学においてスーフィズム研究に関する国際シンポジウムを催します。

“2017年5月20-21日 京都スーフィズム・シンポジウム開催” の続きを読む

2017年1月22日-2月28日 スーフィズム教育プロジェクト

スーフィズム教育プロジェクトがイスタンブル・ウスキュダル大学を中心に行われました。京大から4名、東大から1名の大学院生・PDが派遣され、連日熱心な講義を受けました。

2016年10月24-25日 センター設立記念シンポジウムが開催

イスタンブル・ウスキュダル大学にて、センター設立記念シンポジウムが開催されました。これは、翌年まで続くスーフィズム教育プロジェクト「二つの東をつなぐ橋(The Bridge of Two Easts: Education Program for Sufi Culture)の皮切りとして行われたものです。日本側からは、東長靖センター長、赤堀雅幸上智大学教授、丸山大介防衛大学校准教授が発表を行いました。

http://tasavvuf.uskudar.edu.tr/en/project/67/the-bridge-of-two-easts-sufi-culture-education-program-project

https://www.youtube.com/watch?v=OK9gn3NAv6U

トルコの新聞でもこのシンポジウムは紹介されました

https://www.dailysabah.com/life/2016/10/25/turkey-japan-to-join-hands-for-sufism-project-1477334042

2016年10月 『日本におけるスーフィズム・タリーカ・聖者信仰研究文献目録』

『日本におけるスーフィズム・タリーカ・聖者信仰研究文献目録』を、Kyoto Kenan Rifai Sufi Studies Series第1巻として刊行しました

2016年3月6日 センター設立セレモニーを開催

トルコから代表団約50名が来日し、京都大学にて、センター設立セレモニーを開催しました。アフメット・ビュレント・メリチ駐日トルコ大使・稲葉かよ京都大学国際交流担当理事等が列席されました。