2017年11月11日-12日 スーフィズム・聖者信仰研究会合宿を行いました

下記の通り、スーフィズム・聖者信仰研究会合宿を行いました。

【日程】11月11日(土)13:30 ~12日(日)12:00

【場所】KKR伊豆長岡千歳荘(伊豆長岡保養所)

 
【プログラム】

◆11月11日(土)(1日目)

13:30-13:45  開会挨拶・自己紹介

13:45-15:30  澤井真(京都大学・学振PD)研究発表(1時間発表、45分質疑応答)

「イスラーム神秘思想の近代―ムハンマド・アブドゥフの改革思想を中心に―」

休憩

15:45-17:30  高橋圭(上智大学・学振RPD)研究発表 (1時間発表、45分質疑応答)

「現代アメリカのスーフィズムとムスリム・コミュニティ―「伝統イスラーム」運動の隆盛とその背景」

17:30-18:00  小牧幸代(高崎経済大学)イタリア共同調査報告

 

◆11月12日(日)(2日目)

9:30-10:30 高尾賢一郎(東京外国語大学・学振PD) 文献発表①(発表30分+質疑30分)

J. S. Trimingham The Sufism in Islam “The Formation of Schools of Mysticism”(第1章)

10:30-11:30 藤井千晶(京都大学) 文献発表②(発表30分+質疑30分)

S. Trimingham The Sufism in Islam “The Chief Tariqa Lines”(第2章)

11:30-11:45 総評・閉会

 

【以下のプロジェクトの共催によって開催されました】

・NIHU 地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学イスラーム研究センター拠   点・京都大学イスラーム地域研究センター拠点

・科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズ   ム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」

・科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類   学的研究」

・上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の   対立・交流・融和の地域間比較研究」

・京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター